レンタルオフィスの使い方は?|東京の格安レンタルオフィス・貸しオフィス・シェアオフィス【天翔オフィス】

東京の格安レンタルオフィス【天翔オフィス】 > コラム > レンタルオフィスの使い方は?
レンタルオフィスの使い方は?
起業時の法人登記にもフル活用しよう
How to use the rental office?

ビジネスをスタートする上で欠かせないと言われるのがオフィスです。しかし、オフィスと一言に言ってもさまざまな種類があります。その中で、近年注目の的となっているのがレンタルオフィス。大企業、中企業、小企業、そして個人事業主から起業している人まで、多種多様な方々が利用しています。

そこで今回は、そんなレンタルオフィスの使い方や法人登記などについてご紹介します。

レンタルオフィスの使い方

レンタルオフィスは仕事をする方のニーズに合わせて利用することができ、主に4つの使い方があります。

1. メインオフィスとして使う

一般的に、レンタルオフィスは起業する際のメインオフィスとして使用することが多いです。もし、通常の貸事務所となると、仕事に必要なイス・デスク・プリンターなどの設備を準備したり、ネット回線を開設したり、内装を整えたり、かなり手間と時間がかかります。

しかし、レンタルオフィスでは仕事に必要な設備やネット環境、内装などは全て整っているので、あらかじめ準備する必要がなく、手間が省けるのでとても便利です。

他にも、通常の貸事務所を契約すると、敷金・礼金・保証金など多額の初期費用がかかることが多いです。東京都内の一等地の場合だと、約100万円以上必要なケースもあります。

その点、レンタルオフィスであれば初期費用が安く、中には10万円以下で済むところもあるので、コストを大幅に抑えることが可能です。

2. ミーティングスペース・プレゼンするスペースとして使う

また、ミーティングやプレゼンを行うスペースとしてレンタルオフィスを使用する方もいます。現在、ほとんどのレンタルオフィスでは会議室が完備されており、有料または無料で利用が可能です。これにより、重要な商談での来客対応が可能となります。わざわざ喫茶店を利用する必要もありません。

3. サテライトオフィス(第2のオフィス)として使う

さらにレンタルオフィスをサテライトオフィスとして使う方もいます。サテライトオフィスとは、企業の本社や本部から離れた、地方に設置されたオフィスのことです。基本的に、本拠と同様に業務が遂行できるよう、インターネットなどの通信環境が完備されています。

このサテライトオフィスを使うメリットとしては、主に3つあります。

1つ目は、比較的賃料が安い地方でオフィスを持てるので、金銭的なコストを抑えることができる点です。

2つ目は、郊外や地方に住んでいる方の通勤時間を減らすことができ、時間を有効的に使うことが可能な点です。

そして3つ目は、地方の営業拠点として利用することが可能なので、出張の時などに、いつでも立ち寄って書類や報告書の作成といった作業が可能な点(業務の効率化に繋がります)です。

このようなメリットがあるため、近年利用者が増えています。

4. 週末起業のオフィスとして使う

週末起業とは、平日は本業の仕事をして、週末の土日や空いている時間に別の仕事を行う働き方のことです。いわゆる副業のようなもので、会社からの給料だけでは物足りないという方や、将来起業するための準備をしたい方が行っています。

そして週末起業の場合、オフィスを持つ費用をできるだけ抑えるために、レンタルオフィスを活用する方が多いです。こうすることで経費削減に繋がり、利益を出しやすくなるのです。

レンタルオフィスが起業や週末起業・副業にも最適な理由

1. 費用が安い

先ほども述べたとおり、レンタルオフィスは一般の賃貸オフィスに比べて割安です。通常の貸事務所だと初期費用(保証金、敷金、礼金など)として、多額の資金を用意する必要があり、その出費がネックになるという方が多いです。

しかし、レンタルオフィスは基本的に初期費用が安く、コストを大幅に抑えられます。そのため、起業時に多額のお金がなくても比較的簡単にオフィスを持つことができます。

2. 立地が良い

レンタルオフィスは大都市や主要駅の近くに構えていることがあります。そのため通勤がしやすく、ビジネスをするのに最適な環境が整えられている他、一等地にオフィスを構えることで信頼性やイメージを向上させる効果も期待できます。ですから、副業や週末起業の方にも最適だと言えます。

レンタルオフィスを使用した場合の法人登記について

ところで、レンタルオフィスの利用をこれから検討している方で気になるのが、法人登記はできるのかという点です。特に、将来的に仕事が順調になったら法人を設立したいとお考えの方にとっては重要なポイントでしょう。

基本的に、レンタルオフィスの場合は運営している会社によって法人登記できるかどうかが異なります。もちろん、サービスが充実している会社は法人登記が可能となっていますが、中にはできないというところもあります。ですから、前もって法人登記ができるかという点は、公式ホームページなどで調べておく必要があります。

法人登記をしたいなら天翔のレンタルオフィスがおススメ!

もし都内でレンタルオフィスをお探しなら、天翔オフィスをぜひご検討ください。天翔オフィスでは、東京都内の一等地(新宿・渋谷・港区・千代田区など)にレンタルオフィスを構えており、以下のような特徴があります。

1. 初期費用が格安!

初期費用は1人用のお部屋は入室契約金5万円、2人以上のお部屋は入室契約金10万円に1ヶ月分賃料のみと、非常にリーズナブル。さらに仲介手数料、保証金、礼金、敷金などは一切要りません。

2. 法人登記が可能

天翔オフィスでは通常のオフィスと全く同じように、法人登記が可能です。そのため起業しようとお考えの方でも安心です。

3. 充実した無料サービス

会議室の利用、インターネット、水道光熱費、充実した設備(シュレッダー、専用ポスト、宅配ボックス)などが無料です。そのため、多くのランニングコストを削減することができます。天翔オフィスはデスクとチェアを無料で貸し出ししているので人員の増減等の際に非常に便利です。ご希望の際は、スタッフがお部屋までお持ちします。他のオフィス家具等はお客様ご自身で持ちこみいただいておりますので、レンタルオフィスですが、よりご自身の色を強く出せるオフィス環境を整えることが出来ます。OA機器に関しては、各オフィス内に共用として準備しておりますので、ご自由にお使いいただけます。

まとめますと、

@会議室の利用
A高速インターネットの利用
B充実した設備 (ラウンジ・専用ポスト・宅配ボックスなど)の利用
C高品質なオフィス家具のレンタル
D水道光熱費
E部屋の電話回線設置済
F共有スペースの清掃(天翔オフィス社員による清掃・月〜金まで)

上記のオプションを全て無料で利用可能です。
総合的に見てもコストパフォーマンスや利便性の面で非常に優れています。興味がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

トップ | 天翔オフィスとは? | よくある質問 | 入居者紹介 | お問い合わせ
神田 | 秋葉原 | 御茶ノ水 | 日本橋 | 京橋 | 新橋 | 新橋5丁目 | 新橋ANNEX | 赤坂 | 南青山 | 白金高輪
池袋 | 池袋ANNEX | 大塚 | 新宿 | 高田馬場 | 代々木 | 代々木ANNEX
港区のレンタルオフィス
新橋のレンタルオフィス
会社概要 | プライバシーポリシー
Copyright© 東京の格安レンタルオフィス【天翔オフィス】 All Rights Reserved.
スマートフォン用サイトはこちら