レンタルオフィスの歴史とは?|東京の格安レンタルオフィス・貸しオフィス・シェアオフィス【天翔オフィス】

東京の格安レンタルオフィス【天翔オフィス】 > コラム > レンタルオフィスの歴史とは?
レンタルオフィスの歴史とは?
貸事務所、サービスオフィスとなにが違うの?
What is the history of rental office?

今やメジャーになったと言われるレンタルオフィス。現在では、起業家や個人事業主のみならず、企業の大小に関わらず多くのお客様が利用しており、これから利用しようという方もいるはずです。
そこでこちらでは、レンタルオフィスの歴史から、貸事務所やサービスオフィスとの違いなどを説明します。これからレンタルオフィスを借りることを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

レンタルオフィスの歴史

日本においてレンタルオフィスが始まったのは1980年代と言われています。この頃は、まだ名称は統一されていませんでしたが、オフィスの貸し出しサービスは行われていました。そして、バブル経済の勢いに乗り、レンタルオフィスの需要も拡大し、利用者を増やしていきます。

しかし1990年代に入るとバブルが崩壊して経済が低迷し、それに伴ってレンタルオフィス業界も風前の灯になります。

ですが、1990年代後半、携帯電話などのモバイル端末の普及。さらに2000年頃に「IT革命」が起こります。これらの出来事より働き方が多様化し、SOHOやノマドワーキングなど新しい勤務形態が出てきました。その影響で、レンタルオフィス業界も活気づくようになったのです。

そして現在では、民間企業のみならず外資系や自治体などがレンタルオフィスビジネスに参入し、大都市圏はもちろん地方都市にもレンタルオフィスが開業するなど、かなりの賑わいを見せています。

貸事務所とレンタルオフィスの違い

近年、多くの方々が利用しているレンタルオフィス。では、一般的によく知られている貸事務所とレンタルオフィスではどんな違いがあるのか見てみましょう。

1. 初期費用の違い

まず、初期費用が大きく違うと言えます。もちろんエリアや物件の大きさなどにより、差はありますが、全体的に見るとレンタルオフィスは初期費用が安いです。

貸事務所は不動産屋を経由して契約するので、敷金や礼金、保証金、仲介手数料などの初期費用がかかります。この費用はおよそ毎月の賃料の6ヶ月〜12ヶ月分という場合が多いため、なんと総額で数百万円と言うケースも。多額の資金が必要になるので、ある程度お金に余裕がないと借りることができません。

しかし、レンタルオフィスの場合は敷金や礼金を始めとした初期費用は、概ね毎月の賃料の1ヶ月分が多いので、貸事務所と比べるとかなりリーズナブル。あまり資金がない場合でも手軽に借りることができます。

2. 付属設備の違い

また、2つ目の違いとしては、設備の違いです。レンタルオフィスは収容人数に合わせたデスクとイスなどのオフィス家具、さらにコピー機やファックスなどのOA機器も用意されている他、内装工事も済んでいます。そのため入居にかかる労力を大きく削減することができます。

それに対して、貸事務所はまっさらな状態であるので、自身で仕事に必要なオフィス家具やOA機器を購入したり、内装工事を行ったりしなければならず、色々と手間と時間がかかります。

3. 利用開始スピードの違い

貸事務所の場合は借りる際の申請手続きなどがあるため、契約してから利用開始まで2〜4週間程度かかることが多いです。また、オフィス家具を揃えたり内装工事を行ったりと、手間暇がかかります。

それに対して、レンタルオフィスの場合は契約から数日で利用できるので、とてもスピーディ。また、仕事に必要なオフィス家具は全て整っており、内装工事も不要なので、入居してすぐに仕事に取りかかることができます。

サービスオフィスとレンタルオフィスの違い

では次に、最近出てきたサービスオフィスとレンタルオフィスの違いを見ていきましょう。

まずレンタルオフィスはあらかじめオフィス家具やOA機器など仕事に必要な設備があり、貸事務所よりかなり安価にオフィスを持つことができるという点が特徴です。

それに対してサービスオフィスは、オフィス用品(家具やOA機器)が全て揃っているという点はレンタルオフィスと同じですが、内装やエントランスは高級感あふれる造りになっているところがほとんど。さらに、一流のスタッフによる様々なビジネスサポート(受付サービス・秘書代行サービス)が受けられたりするところが多いです。

そのため、レンタルオフィスと比べてサービスのグレードがかなり高いことが特徴です。しかし、費用に関してはレンタルオフィスより非常に割高になるので注意が必要です。

レンタルオフィスの需要が伸びている背景

近年、レンタルオフィスは、数多くの人たちに利用されるようになりました。特に、東京などの都市部を中心に需要が拡大しています。では、なぜ需要が伸びているのか、その背景に関して説明します。

現在では、大手企業を中心に副業を解禁するところが増えてきました。理由としては、仕事ができる優秀な人材を確保するためです。たとえば優秀な人は、会社を経由せず直接本人にプロジェクトのオファーや企画の参加などの仕事が依頼されるケースがあります。

しかし、そこで副業が禁止されているとせっかく依頼されても受けることができません。そうなると不満が溜まってしまい、仕事を辞めてより条件のいい他社に転職してしまう可能性があるのです。このような人材流出を防止するために、就業規則で禁止していた副業を許可する企業が年々拡大しています。

この副業容認の動きの影響で、起業する方も増加しており、週末起業(仕事がない土日を中心に副業を行う)を開始する方が多いです。そしてそれによりオフィスを構える際に、人気なのがレンタルオフィスというわけです。貸事務所より費用が格安なうえ、設備もあらかじめ備わっているため、副業のコストを最小限に抑えることができることから需要が高まっているのです。

まとめ

このように、レンタルオフィスの歴史から、サービスオフィスと貸事務所の違いなどに焦点を当てて紹介してきました。これらのことを知っておくと、オフィス選びに役立ちます。

トップ | 天翔オフィスとは? | よくある質問 | 入居者紹介 | お問い合わせ
神田 | 秋葉原 | 御茶ノ水 | 日本橋 | 京橋 | 新橋 | 新橋5丁目 | 新橋ANNEX | 赤坂 | 南青山 | 白金高輪
池袋 | 池袋ANNEX | 大塚 | 新宿 | 高田馬場 | 代々木 | 代々木ANNEX
港区のレンタルオフィス
新橋のレンタルオフィス
会社概要 | プライバシーポリシー
Copyright© 東京の格安レンタルオフィス【天翔オフィス】 All Rights Reserved.
スマートフォン用サイトはこちら