レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い|東京の格安レンタルオフィス・貸しオフィス・シェアオフィス【天翔オフィス】

東京の格安レンタルオフィス【天翔オフィス】 > コラム > レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い
レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い

事業を始める時に、最初に気がかりになるのがオフィスを開設する時の「コスト」です。どんな場合でも「コストを少しでも抑えたい」というのは共通の考えでしょう。
近年では、コストを抑えることができるオフィスサービスとして、レンタルオフィスやバーチャルオフィスが登場し、多くの起業家やフリーランスの方に利用されています。しかし、それぞれどんな違いがあるのか、知らない方も多いかもしれません。
そんな方のために、ここではレンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いやメリット・デメリットなどについて整理しました。

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いとは?

では、最初にレンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いをご紹介します。

レンタルオフィスとは?

まず、レンタルオフィスとは「仕事を始めるために必要な物が全て揃っている業務スペースをレンタルしているオフィス」のことです。この業務スペース内には机やイスなど仕事に必要なオフィス家具が完備されているうえ、OA機器(プリンター・コピー機など)やネット回線もあります。そのため、入居してすぐ仕事をスタートできます。

また、会議室やミーティングスペースも併設しているところがほとんどなので、来客にも対応できます。その他にも、郵便転送サービスや秘書サービスなどのオプションサービスや、住所を法人登記に利用することも可能です。

バーチャルオフィスとは?

それに対してバーチャルオフィスは、レンタルオフィスのように業務スペースを借りて仕事ができるわけではありません。あくまでもバーチャルオフィスは「実際にあるオフィスの住所や電話番号などの基本情報のみを借りるサービス」のことです。

また、オフィスに届いた郵便物は指定の住所に転送してくれますし、電話も自動転送(あるいは秘書が取り次いでくれる)してくれます。さらに、借りた住所を法人登記に利用することもほぼ可能です。

このように、業務スペースがなくても取引先からはまるでそこにオフィスがあるようにアピールできるのがバーチャル(仮想)オフィスです。

レンタルオフィスのメリット・デメリット

レンタルオフィスにはメリットがたくさんありますが、一方でデメリットもあります。

レンタルオフィスのメリットは次の3つ!

@立地が良いうえに法人登記もできる!

レンタルオフィスは、都会の主要駅や中心街などの一等地にあります。このように、アクセス良好な場所にあるので良い環境で仕事をすることができます。また、レンタルオフィスの住所を使って法人登記もできます。そのため、会社を立ち上げたい方にもおすすめです。

A初期費用や準備の手間を大幅に抑えられる

一般的な賃貸オフィスでは、仕事に必要なオフィス家具やOA機器などを揃えなくてはならず初期費用がかなりかかってしまいます。しかし、レンタルオフィスでは、仕事をするうえであらかじめ必要なオフィス家具やOA機器などは用意されています。大幅に初期費用を抑えられるうえに、準備期間も短縮できます。

Bオプションサービスも充実

会議室やミーティングルームの利用をはじめ、電話・受付サービス、秘書サービスなど、必要に応じて利用できるオプションもたくさん揃っています。快適かつ効率的に仕事に取り組むことができます。

レンタルオフィスのデメリットは次の2つ

@オプションサービスによっては費用が割高になる可能性も…

レンタルオフィスは上記のように様々なオプションサービスがありますが、あれもこれもとたくさんオプションを追加するとトータル費用が高額になる恐れがあります。事前に仕事に必要なオプションをきちんと把握しておくことが大切です。

A改装することはできない!

レンタルオフィスはあくまでレンタルです。自分好みに壁や床を改装したり、オフィス家具を入れ替えたりはできないので気をつけましょう。

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

続いて、バーチャルオフィスのメリットとデメリットをご紹介します。

バーチャルオフィスのメリットは次の2つ!

@圧倒的に安く利用できる

バーチャルオフィスの最大のメリットは、業務スペースがないため月々の賃料がリーズナブルな点です。月々数千円〜1万円程度で利用できるので、コストパフォーマンスがかなり高いサービスだと言えるでしょう。

A一等地の住所を手に入れることができるうえに法人登記が可能

バーチャルオフィスもレンタルオフィス同様、都内の主要駅などの一等地にオフィスを構えていることが多いです。このような一等地の住所を利用して法人登記が可能なので、取引先などからの信用力の向上に大いに役立ちます。

バーチャルオフィスのデメリットは次の3つ

@法人銀行口座の開設が難しい

最近では、バーチャルオフィスで法人としての口座開設が困難になっています。これは、振り込め詐欺などで利用された口座がバーチャルオフィスで登記されたものが多いことが原因です。そのため、法人銀行口座の開設をお考えの方は運営がしっかりしている大手のバーチャルオフィスを選びましょう。

A事業の許認可が得られない可能性がある

バーチャルオフィスだと派遣業や不動産業などは、許認可が下りないケースもあります。自分が設立する業種がバーチャルオフィスでも許認可が下りるか前もって調べておくことが重要です。

B他社と住所が重複してしまう可能性がある

バーチャルオフィスは1つの住所で複数の会社が利用しています。そのためホームページ上で住所を検索すると別の会社が先に表示される可能性があり、バーチャルオフィスであることが知られてしまう危険性もあるので注意が必要です。

目的や用途に応じて選択しよう

バーチャルオフィスやレンタルオフィスの特徴やメリット・デメリットを説明しました。これらを踏まえたうえで、ここではバーチャルオフィスとレンタルオフィスがどのような人に向いているのかをお伝えします。

レンタルオフィスに向いているのは来客が多い業種

レンタルオフィスは来客が多いサービス業や士業(税理士・行政書士)などにおすすめです。やはり、立派なビルの中にしっかりと業務スペースがあるため自宅オフィスと比較しても安心感があり、取引先からの信頼に繋がります。

また、打ち合わせや商談の時にも、会議室やミーティングスペースなどを借りることができます。そのため、来客対応の部分まで手厚いサービスをしているので安心して仕事に打ち込めます。

バーチャルオフィスに向いているのは来客がない(少ない)業種

バーチャルオフィスは基本的に来客がなく、仕事をするスペースを必要としていない(自宅あるいは別の場所に確保できている)人におすすめです。例えば、ウェブサイトの運営や経営コンサルタント、インターネットで商品を販売している人などはこれに当たりますので、ぜひバーチャルオフィスを活用してみるといいでしょう。

また、これから事業規模を拡大させるつもりがない人も、バーチャルオフィスがおすすめです。

まとめ

基本的には、レンタルオフィスは来客が多い業種(サービス業や士業など)、バーチャルオフィスは来客がない業種(ウェブサイト運営や経営コンサルタントなど)に向いています。ただし、それぞれメリットやデメリットがあるのでよく吟味して決めることが大切です。

もし都内でレンタルオフィスを探しているのなら「天翔オフィス」をぜひご検討ください。東京都内の一等地である新宿区や渋谷区、港区、千代田区などにレンタルオフィスを構えており、次の3つの特徴があります。

@初期費用がリーズナブル

初期費用はブースタイプと1名部屋のオフィスは入室契約金5万円、2名以上の完全個室タイプのオフィスは入室契約金10万円のみとなっています。さらに保証金をはじめ、礼金、敷金などは一切かからないので、賃貸オフィスと比べて初期費用を大幅に節約できます。

A法人登記ができる

天翔オフィスでは賃貸オフィスと同様に法人登記ができます。そのため、「登記ができるか心配…」という方でも大丈夫です。

Bオプションサービスも豊富!

会議室の利用、インターネットの利用、水道光熱費、充実した設備(シュレッダー、専用ポスト、宅配ボックス)などは共益費に含まれています。そのため、毎月かかるランニングコストを削減することができます。

天翔オフィスは格安でレンタルオフィスが利用できます。興味がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。
天翔オフィスの詳細

トップ | 天翔オフィスとは? | よくある質問 | 入居者紹介 | お問い合わせ
神田 | 秋葉原 | 御茶ノ水 | 日本橋 | 京橋 | 新橋 | 新橋5丁目 | 新橋ANNEX | 赤坂 | 南青山 | 白金高輪
池袋 | 池袋ANNEX | 大塚 | 新宿 | 高田馬場 | 代々木 | 代々木ANNEX
港区のレンタルオフィス
新橋のレンタルオフィス
会社概要 | プライバシーポリシー
Copyright© 東京の格安レンタルオフィス【天翔オフィス】 All Rights Reserved.
スマートフォン用サイトはこちら